港区・品川区の不動産・マンションはタマホーム不動産 > ブログ記事一覧 >その12 敷地仮測量

その12 敷地仮測量

テーマ:お知らせ


 敷地 仮測量

 近隣トラブルで多いのは、隣地との敷地境界が不明確なことから起こる問題が挙げられます。

『ブロック塀や柵などがあるから気にしていなかった』

『親の代から引き継いでいるので気にしていなかった』

など、あいまいな敷地境界は、不動産の売主という立場になった時に、とても重要な問題となります。

 売主様としての義務となる、敷地境界の明示を含めて、後のトラブルを無くすために敷地の測量や調査を行い、安全な取引を実現します。



【敷地 仮測量】

l   当社に対して売却委任をされた、媒介金額3000万円以上の物件が対象となります。

l   売地、古家付き売地、中古戸建住宅の売却物件を対象としたサービスです。

l   敷地内に既存建物・造作物・残置物・車両・その他調査の障害となる事由がある場合、【敷地 仮測量】を実施できない場合があります。

l   敷地内に作業員の車両・機材の搬入ができない場合、【敷地 仮測量】ができない場合があります。

l   測量は現況測量となります。隣地所有者との立会いが必要な場合は、確定測量が必要となります。確定測量費用は売主様の負担となります。

l   タマホーム安心サービスの詳細については、当社までお問い合わせください。フリーダイヤル【0120974770



◆本サービスの概要についてはこちら

 →タマホーム不動産の売却安心サービス


≪ 前へ|その11 埋設物調査   記事一覧   中古流通3万7千戸の衝撃~いま住宅は買い時なのか?|次へ ≫

トップへ戻る