港区・品川区の不動産・マンションはタマホーム不動産 > ブログ記事一覧 >現地取材≫初午祭・寒施行・そして狐供養~梶原稲荷(東大井)/京濱伏見稲荷(新丸子)

現地取材≫初午祭・寒施行・そして狐供養~梶原稲荷(東大井)/京濱伏見稲荷(新丸子)

テーマ:現地取材


 毎年2月初めの午の日には、全国の稲荷神社で初午祭りが行われます。
 初午祭りの由緒については、和銅4年(711年)2月の初午の日に、稲荷大神がいまの伏見稲荷大社の元となる山背国の稲荷山に祭祀されたことに由来するとの説(※1)や、古くから農村で行われていたその年の豊作を予祝するお祭りを稲荷講が取り込んだものだという説(※2)などが有力です。

 江戸時代には稲荷信仰が流行しそこかしこに稲荷社が勧請されたわけですが、ここ品川区にも、大小多くの稲荷社が存在します。品川区内の稲荷社には、いまでも神社を維持する稲荷講(講=同一の信仰でつながる地縁集団のこと)の熱心なところが多く、いつもは人気のない境内も、初午の日に限っては賑やかな違う顔を見せます。

 そんななかでも、品川区東大井にある梶原稲荷神社には、あまり知られていないいわれがあり、なんとこの稲荷社には狐のミイラが祀られています。

≪梶原稲荷神社の石鳥居(入口)。境内は旗竿地になっており、奥にお馴染みの赤い鳥居と本殿がある。≫



≪梶原稲荷神社の狐のミイラの貴重な映像≫

 伝聞では昭和11年に境内の一角から見つかったとのことですうが、普段から社殿に安置されているわけではないようです。このミイラを祀るという一種奇態にも見える信仰ですが、実は狐のミイラに限ってみただけでも、日本各地に意外なほど多くの足跡が残されています。

 たとえば岩手県内陸の志和古稲荷神社はご祭神の眷属として白狐のミイラを祀っていることを標榜していますし、同じ岩手県の宮古湾岸にある金浜稲荷神社も2匹の狐のミイラをお祀りし一時は週刊誌で金運上昇のパワースポットとして騒がれたりもしました。また、都内では、杉並区にある西高井戸松庵稲荷神社が、狐のミイラを祀っていることで名が知られています。


≪志和古(しわふる)稲荷神社≫


≪西高井戸松庵稲荷神社≫

 これらの神社に共通するのは、いずれも狐のミイラが社宝として祀られるようになった年代が比較的新しい点です。

 ・明治30年 西高井戸松庵稲荷神社にて発見
 昭和11年 梶原稲荷神社にて発見
 昭和29年 志和古稲荷神社にて発見
 平成 8 年 金浜稲荷神社にて発見

 ミイラといえばエジプトの代名詞ですが、そのエジプトでも現在では当時のミイラ信仰は受け継がれていません。以前、品川区内に残る"鯨塚"について紹介した記事でもお話ししましたが、日本人の心情の源流には「何でも供養」とでもいうべき、人以外のものを信仰遺物として供養するシンパシーが流れているようです。こうした観点から鑑みると、日本には、こうした稲荷信仰と狐との関係性が広く社会に認知される遥か以前から、殊更に狐だけを特別視する考えの存在した傍証も複数あります。
 例えば、俳句の世界には寒施行という季語があり、なかでも餌の乏しい寒中、狐狸の巣穴と思しきところにて仏教でいう施し(餌やり)をすることを"穴施行"、特に狐に限って行うことを狐施行と呼んだ言葉が残っています。また、民俗学の大家・柳田國男はこうした狐だけを特別視する風土・習俗を「狐塚」という切り口から考察を行っていたり、さらに、ずっと古い事例では、福井県にある縄文時代の貝塚からは狐の骨だけが発掘されないというような事実まであるようです。(※3)

 そんな、狐とは切っても切れない稲荷社ですが、盛大なお祭りが行われるのは初午の日だけではありません。稲荷社のなかには、2月の2回めの午の日、いわゆる二の午の日(*平成31年は2月14日(木)。にもお祭りが行われるところもあります。
 以前このブログでも取り上げた大田区の穴森稲荷神社では初午だけでなく二の午、三の午のお祭りも行われますし、東横線「新丸子」駅にほど近い京濱伏見稲荷神社でも、同様に二の午のお祭りが行われます。

≪京濱伏見稲荷神社にて平成31年年2月5日撮影

 百八体御神使と名付けられた多数の狐像のあることで有名な京濱伏見稲荷神社ですが、実際に見るその様はまさに狐が住まう「狐塚」の様相で、最近では、外国人観光客の方にも人気のスポットになっているようです。

≪招福池で憩う百八体御神使の像

 街歩きをしているとそこかしこでお目にかかる稲荷社ですが、もし2月頃にお住まいの周辺で「初午祭り」のお知らせを見掛けたら、一度のぞいてみられるのもよいかも知れません。


※1 伏見稲荷大社HP『伊奈利社ご鎮座説話』
※2 日本大百科全書(ニッポニカ)『初午』大藤時彦
※3 (参考)田中祐二『縄文のタイムカプセル 鳥浜貝塚』新泉社・2016年/P45「表1 鳥浜貝塚出土の可食・有用動植物遺存体」(*キツネの出土例示なし)、忍澤成規『房総の縄文大貝塚 西弘貝塚』神泉社・2011年/P38「図30 西広貝塚でみつかった哺乳類と鳥類の内訳」(*キツネの出土個体数は全体の1%未満の記載あり)

取材・文/TN(HN)
≪ 前へ|2018年11~1月人気記事ランキング(タマホーム不動産)   記事一覧   現地取材≫品川駅から30分の名勝 [向島百花園]へ梅祭りを観にゆこう(墨田区)|次へ ≫

トップへ戻る