港区・品川区の不動産・マンションはタマホーム不動産 > ブログ記事一覧 >インフルエンザ予防は紅茶で?!品川区でも流行がピークに!

インフルエンザ予防は紅茶で?!品川区でも流行がピークに!

テーマ:コラムニュース



 品川区では毎週、インフルエンザ含む感染症患者の発生数を定点観測し発表しています。(詳しくはこちら ☞ 品川区の感染症発生動向調査 )
 それによると例年、インフルエンザの流行ピークは節分(2月3日)前後と重なります。(そう考えると、豆をまいて病を流行らせる「疫鬼」を追い払うという追儺の祭りがこの節分の時期に存在するのも、何か偶然を超えたものを感じます。品川区内で行われる2019年の追儺(節分)祭についてはこちらから。 ☞ 現地取材≫品川区内での節分ならココ!~新馬場・南大井


≪出典:品川区定点報告疾患集計(2019年)≫


 そんなインフルエンザウィルスを強力に撃退する方法として、twitter等SNSを中心に、昨年末から話題になっている方法をご存知でしょうか?

≪twitter画像より≫



インフルエンザ予防には紅茶が効く。


 以前にも、風邪予防として緑茶の殺菌力について言及したもの(※1)や、ミルクを入れると紅茶の健康作用が損なわれてしまう(※2)といった研究報告はありました。しかしながら昨年10月に、三井農林株式会社から紅茶のインフルエンザウイルス感染阻止力の研究に関するレポート(※3)が発表されて以降、俄然、紅茶の持つインフルエンザ予防効果が再注目を集めています。


 ■ 紅茶のインフルエンザ予防効果はここが凄い! 

 以下、同レポートの要点です。

【紅茶の予防効果はここが凄い!①】
感染阻止率99.96%!

≪99.96%!≫


【紅茶の予防効果はここが凄い!②】
Virus無力化まで15秒!

≪15秒!≫


【紅茶の予防効果はここが凄い!③】
紅茶で無力化されたウィルスの感染力は復活しない!

≪復活しない!≫

…いかがでしょうか? 詳しいデータの内容は当該レポートの本文に譲りますが、インフルエンザウィルスにはほぼ紅茶無双といっていいほどの力強い言葉が並びます。

 とはいえ、いざこれを実践するとなると、普段から紅茶を飲み慣れていない方にとっては、毎回、「カップに熱湯を注いでー」「ティーバッグを入れてー」と準備するのはなかなか面倒なものかも知れません。
 そんな方には、筆者も実践する、家庭で紅茶を簡単にかつ安価に常飲するための方法をお教えします。

 【やり方】
やかんで直接、ティーバッグを煮出す(だけ)

ティーバッグ1袋で2リットル十分いける。

 …これだけです。
 具体的には、2リットル前後のステンレスケトルにたっぷりと水を張り、コンロにかけます。そこにティーバッグを、持ち手が火にかかないよう気を付けながら1袋入れ、そのまま沸かします。お湯が沸いたらティーバックは捨てて、あとはこのたっぷりの紅茶をそのままコップに注いで飲むだけです。(作り方としては、夏場に作る麦茶の作り方とまったく同じです。)
 冬場ですとケトルをコンロにかけている間にお台所も暖まりますし、会社には水筒へ入れて持参すれば、ほぼ1日中紅茶を飲んで過ごせます。


 ネパールなど紅茶の本場でも、レストランでミルクチャイを作るにはたっぷりの牛乳を茶葉ごと沸かしたりと、一度に大量の紅茶を沸かすのは一般的なやり方です。冬は急須で入れた熱い日本茶を嗜むのもよいですが、冬場は、外気温の低さから汗をかかない一方で冬特有の乾燥した空気により想像以上にお肌から水分が奪われています。(※4) インフルエンザの流行がピークを迎える年明け1月から2月初旬までの間、今年は温かい紅茶とともに過ごされてみるのはいかがでしょうか。


 品川区でお薦めの紅茶専門店はこちら。ただし、インフルエンザにかかる前にお立ち寄りください。

紅茶専科プチテ(品川区東品川)
◇ 住  所:東京都品川区東品川1‐8‐28 1階
◇ アクセス:京急線「北品川」駅より徒歩3分
◇ 営業日時:木~日の11時~18時(年末年始休)

Copyright (C)  紅茶専科 プチテ All Rights Reserved

※1 日本カテキン学会『抗菌・殺菌作用』
※3 2018年10月 三井農林株式会社発表資料『インフルエンザウイルス対策には紅茶!』()
※4 2018年2月21日付一般社団法人 千葉市医師会『冬でも注意「冬の脱水症状」』

取材・文/TN(HN)
≪ 前へ|現地取材≫目黒"ひな紀行"で都内最大級の雛祭り体験を!   記事一覧   2018年11~1月人気記事ランキング(タマホーム不動産)|次へ ≫

トップへ戻る