港区・品川区の不動産・マンションはタマホーム不動産 > ブログ記事一覧 >現地取材≫パスカル・ル・ガック東京がバレンタインの溜池山王に登場!

現地取材≫パスカル・ル・ガック東京がバレンタインの溜池山王に登場!

テーマ:現地取材


 2月14日はバレンタインデー。日本でバレンタインの文化が広く浸透し出したのは、日本が第2次ベビーブームに湧いた1970年代からといわれています。
 バレンタインそのものの起源は、ルぺルカリアという古代ローマのお祭りにあるとされ、キリスト教が宗教世界に広く勢力を拡大していくうえで、若者たちが羽目をはずすルぺルカリアの日を、聖ウァレンティヌス(Valentinus)の故事になぞらえて恋人たちの日としたのが始まりなのだそうです。(※1)
 日本でバレンタインが広まった理由には諸説ありますが、その一つに、メリーチョコレートカムパニー(大田区大森)が1958年に仕掛けたバレンタインセール・キャンペーンにその起源を求める説があります。


≪メリーチョコレートカムパニー本社は大田区大森にある≫

 日本におけるバレンタインデーの発祥起源はこの「メリーチョコレートカムパニー説」を初め、その他の説も概ね1930年代後半から1960年代後半頃の出来事とされていますが、私は、実際にバレンタインデーが一気に広まった1970年代を生きたあるアラフィフ世代の女性から「バレンタインにチョコレートを贈るようになったのは、グリコのセシルチョコレートがきっかけ」というお話しを伺ったことがあります。
 セシルチョコレートがヒット商品になったのは1974年。グリコが当時取っていたCM戦略は後に青春路線と呼ばれ、森田健作やチェリッシュをCMソングに、イメージキャラクターとして男女のカップルを登場させるというのが当時のグリコの広告戦略でした(世紀のビッグカップルといわれた三浦友和さんや山口百恵さんも、当時セシルチョコレートのCMで共演されています)。(※2) また、1970年代後半といえば、ピンクレディーなどの空前のアイドルスターが日本列島を席巻し、また、「偏差値」という言葉が社会現象になるなど日本が非即物的な消費文化を経験しはじめた頃でもありました。
 こうした背景を踏まえると、山口百恵やピンクレディーといった大スターに対する"集団的擬似恋愛"が醸成されていたところに加え、気軽に買える値段でありながらデザインの洗練されたセシルチョコレートの登場は、年頃の女の子たちにとってまさに手頃な商品として、バレンタインデーの習慣を瞬く間に全国区に押し上げたことは想像に難くありません。また、そこには学校だけでなく塾といういわば「学区を越境した集団」をも介して、これまでの社会にはなかったある種ボーダーレスなコミュニケーションを通じ日本全国へと爆発的に広まっていったというのも、十分考えられることだと思います。

オフィスグリコで買った復刻版「セシル」。筆者が買った時にはバレンタイン仕様に包装されていた


 そんなバレンタインも昭和・平成という時を経て個性的に変化し、バブル期以降はゴディバを初めとする高級チョコ路線が一定のファン層の獲得に成功しています。
 今回は、そんなゴディバ・デルレイに並ぶ高級チョコレートタイトルの一つ、今月港区赤坂にフランス本店以外で初めて店舗をオープンした、「パスカル・ル・ガック」をご紹介します!


 パスカル・ル・ガック東京(港区赤坂) 

 日本ではゴディバやデルレイ、レオニダスといったベルギー勢に押されがちですが、このパスカル・ル・ガックはパリ発の高級チョコレート。チョコレートというとまだ一般的には子供のお菓子という印象が拭い切れませんが、ヨーロッパではパティシエの手により菓子職人としての一分野が築かれている嗜好品です。
 パスカル・ル・ガックは何気にパリ郊外のサンジェルマン・アン・レイ(高級住宅地!)にある本店と、この1月に日本にできたここ東京店の、世界でも2店舗しかありません。直営の会員制通販サイトについても、他の会員からの紹介がないと入れないというシェフ拘りのお店で、イベント催事でもないとお目にかかれない知る人ぞ知る逸品でした。
 パスカル・ル・ガック東京でも、もちろんこうした本場のチョコの味は折り紙付きですが、これまでフランス本店でしか味わえなかったタルトショコラ(600円)やエクレールショコラ(600円)といった生菓子もショーウィンドウのラインナップに加わり、非常に特別感あふれる空間となっています。

≪店舗専売のタルトショコラ(左)とエクレールショコラ(右)。チョコが濃厚な格別の逸品≫

 また、パスカル・ル・ガック東京は本店にもない初の試みとして、店内にサロン(カフェ)を併設。パスカル・ル・ガックのチョコを贈り物に愛の告白も素敵ですが、恋人と甘いものを一緒に一人占めしたいというそんなよくばりな貴女には、デートコースとしてお薦めかもしれませんよ?!

≪チョコレート色のエクステリアが印象的!≫

◇ 住  所:東京都港区赤坂2-12-13
◇ アクセス:東京メトロ「溜池山王」11番出口より地上階出てすぐ
◇ 営業時間:10:00~20:00

※1 (参考)2017/2/14 The New York Times(Web)『Valentine’s Day: Did It Start as a Roman Party or to Celebrate an Execution?』

取材・文/TN(HN)
≪ 前へ|[不動産の本棚] 品川猿(村上春樹『東京奇譚集』より)   記事一覧   現地取材≫目黒"ひな紀行"で都内最大級の雛祭り体験を!|次へ ≫

トップへ戻る